プリズムの回転止め具その後

写真 2013-08-30 13 08 00

前の記事で制作したプリズムの回転止め具ですが、実際に使用し続けています。
境界を1対回で測る際等に、高さの保持をする事が出来、便利です。

3Dプリンタはその後キャリブレーションを繰り返し当時よりマシな精度での出力が出来るようになりましたが、ほぼ買って組み立てたままの状態での出力でも、このような物であれば実用に耐え得るようです。
素材はPLAを使用している為、出力した後に棒ヤスリ等での加工がし易く、ピンポールの通る穴や板ナットを嵌め込む溝も少し削るだけで修正が出来ます。

板ナットを90度回転させられれば、蝶ボルトにプリズムが接触する事を回避出来るのですが、ピッタリに作ってしまった為板ナットを抜く事が出来ずそのまま使用しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">